悠々亭 裏日記 2

投資家にとって最大の問題・敵は自分自身である。

【2017年3月第1週】現在のポジション

 【グロース・材料】
2301 学情 ☆
3053 ペッパーフードサービス
3669 モバイルクリエイト
3922 PR TIMES
6058 ベクトル

 

【優待・需給】
2193 クックパッド
2485 ティア
2751 テンポスバスターズ
2928 RIZAP
3198 SFPダイニング
3230 スター・マイカ
4816 東映アニメーション
6076 アメイズ

 

【その他】
朝香友博10倍株ファンド

 

 

ブログの右に貼っているチャートを見ても分かる通り、

マザーズは非常に堅調ですがTOPIXは未だに横ばい。

持ち株も本当に両極端の値動きをしています。

 

学情は相変わらず動きなし。

ここまで上げてきたPR TIMESは一服した感じで、

遅れてきた伏兵ペッパーフードサービスは堅調です。

 

 

 

今週から就活が始まりましたが、前年以上の売り手市場のようです。

 

www.jiji.com

 

来週の月曜日は学情の1Q決算です。

1Qを無難に通過して資金が流れてこれば、、とついつい期待をしてしまいますが、

期待をしている時ほどうまくいきませんから、おとなしく待ちたいと思います。

2月相場が終わりました。

銘柄によっては一旦のピークをつけた印象です。

含み益も増えてきましたしこの辺で一部利確をしたくなるところですが、

ポジションサイズと値幅を意識するためにもう少し我慢してみようと思います。

 

 

 

3月に入るといよいよ2018年度の就職活動が解禁になります。

この辺でそろそろ学情あたりが動意づいてこないかなと思うのですが。

f:id:yuyusk:20170301004413p:plain

 

ここが上がりだすといよいよ新規に買いたい銘柄がなくなってきますので、

そのシナリオになれば少し利益確定を考えていきたいと思います。

サクラ姫ネリマ証券で学ぶ、投資の本質①~「平穏の切り売り」こそが投資の本質~

 SIESTAというサークル様が出している、

「サクラ姫ネリマ証券」という同人誌があります。

f:id:yuyusk:20170227223511p:plain

 

 

この本の内容はとても素晴らしいもので、ここまで分かりやすく面白く、

投資の本質をマンガで紹介している書籍は他に無いと思っています。

 

一般書店の投資本コーナーにあっても何ら遜色のないモノだと思うのですが、

同人誌という性質上あまり多くの人の目に触れることがありません。

 

そこで「サクラ姫ネリマ証券で学ぶ、投資の本質」シリーズとして、

自分自身の経験も交えて本の内容を紹介できればと思います。

 

もし興味のある方は、著者の方のHPでサンプルが読めますので、

よろしければご覧頂ければと思っています。

 

 

 

第1回 「平穏の切り売り」こそが投資の本質

f:id:yuyusk:20170227223940j:plain

株をやってると、1日で100万円とかマイナスになったりすることが普通にあります。

サラリーマンの給料3~4ヶ月分が普通に飛ぶような世界です。

 

「株で儲けてるんだから奢ってよ」ってのはそもそもナンセンスなんですよね。

リスクを取って自分の平穏を切り売りして死に物狂いで何とかモノにした利益で、

どうして何もリスクを取っていない人達に奢ってやらなきゃならんのだと。

そんなに言うならあなたも同じように投資して儲ければいいじゃんと。

 

・・・とは最近はもう思わなくなりましたけどね(笑)

それなりに年月を経て訓練をしてきました。

 

 

でも、投資を始めた頃はそんな風に思うことが割とよくあって、

「平穏の切り売り」こそが投資の本質という言葉が

そのモヤモヤ感をとてもダイレクトに表現していた気がするのですよね。

 

 

一時期、日々のボラティリティと先行きの不透明感に耐えきれず、

ほとんどの株を現金に換えて優待クロスやIPO投資で、

少額をコツコツ稼ぐようにしていた時期がありました。

 

でもやっぱり、「平穏の切り売り」をしないこのスタンスでは

大きなリターンを得ることは難しいのですよね。

 

今は、自分が投資を始めた時の覚悟を思い出して、

それなりにしっかりとしたポジションを持っています。

大きなリターンを狙うために、「平穏の切り売り」をしつつも、

メンタルを安定させる術を少しずつ時間をかけて身に着けてきました。

 

 

 

実は「金持ち父さん貧乏父さん」でも似たような話が出てきます。

 

・安心していられること

・快適であること

・金持ちであること

 

この3つの選択肢について、

どのような優先順位をつけるかで人生が変わるというものです。

 

いつもお金に困っていた貧乏父さんは「安心していられること」を最優先に。

金持ち父さんは「金持ちであること」を最優先にしました。

 

 

 

1.金持ちであること

2.快適であること

3.安心していられること

 

金持ちであることを優先しようとすると、

安心していられること(平穏)の優先度は必ず下がりますので、

自分自身がどうしたいかによって、3つの優先度を決めるのです。

 

 

私の優先度は↑この順番です。