悠々亭 裏日記 2

投資家にとって最大の問題・敵は自分自身である。

【2017年4月第2週】現在のポジション

 【グロース・材料】
2301 学情 ☆
3053 ペッパーフードサービス
3677 システム情報 ☆
3922 PR TIMES
6058 ベクトル

【優待・需給】
2193 クックパッド
2485 ティア
2928 RIZAP
3198 SFPダイニング
3230 スター・マイカ
4816 東映アニメーション
6076 アメイズ

【朝香友博10倍株ファンド】
3180 ビューティガレージ
3929 ソーシャルワイヤー
3137 ファンデリー
6099 エラン
6045 レントラックス
6195 ホープ

 

木曜金曜のタイミングで少しリバランス。

ペッパー、学情を少し減らしてキャッシュを増やしました。

 

 月曜~金曜の主力4銘柄の推移です。

f:id:yuyusk:20170416101038j:plainf:id:yuyusk:20170416101046j:plainf:id:yuyusk:20170416101055j:plainf:id:yuyusk:20170416101105j:plainf:id:yuyusk:20170416101113j:plain

 

今週はPR TIMESの本決算、ベクトルの本決算、

システム情報の上方修正、ホープ株主優待新設と

なかなか盛り沢山な1週間でした。

 

 

北朝鮮情勢の影響で相変わらず株価は軟調ですが、

そんな中で先物ショートの絶好の練習機会だと思って

マザーズ先物、日経225先物(ラージ、ミニ)色々試しています。

ポジション一覧に変更はありませんが、先物の売買はそこそこしてます。

 

 

 

先物ショート・・・めっさ儲かりますね。

 

下げ相場でも"勝てる手段がある"というのは金銭的なヘッジ以上に、

心理的なヘッジとして凄く大きいものだなと痛感しました。

 

 

 

もちろんここ2週間の株価暴落で現物ポジはかなり食らっていますし、

不安を煽るような記事もあちらこちらで見られます。

そんな中でも試行錯誤の結果が少しずつですが出てきていますので、

何とか頑張って乗り切っていきたいと思います。

【3677】システム情報 業績予想および配当予想の修正に関する考察

【3677】システム情報

f:id:yuyusk:20170414235357j:plain

四季報春号を見て購入を決めた銘柄です。

17年9月期の経常利益予想が、前号より0.7億円増えていることに注目しました。

 

 

 

■ 業績予想および配当予想の修正

f:id:yuyusk:20170414234326j:plain

 

四季報が出していた今期の経常利益予想は6.8億円だったのですが、

本日、業績予想および配当予想の修正に関するIRで

それを上回る経常利益7.4億円予想という数字を出してきました。

 

 

7.4億円というのは四季報が予想していた来期の経常利益です。

 

 

 

 

■ 修正の理由

f:id:yuyusk:20170415000932j:plain

 

金融・保険向けのシステム開発の新規案件の受注が順調ということですが、

四季報の解説記事にも、銀行・証券軸の金融関連の大型案件が牽引とあります。

 

f:id:yuyusk:20170415001242j:plain

 

 

■ 主要取引先

f:id:yuyusk:20170415001615j:plain

主要取引先には名立たる企業が並んでいます。

CMMIレベル5のプロジェクト管理力を強みにしており、

フィンテック、IoT、人工知能(AI)関連の受注が多いのも頷けます。

 

 

 

■ 財務

f:id:yuyusk:20170415002406j:plain

 

唯一、営業CFが少ないのが気になったので株を購入する際に調べたのですが、

これは一時的な売掛金の増加によりキャッシュフローが減ったためであり、

その後の決算で売掛金の回収も確認できましたので、問題ないと判断していました。

 

 

■ 株価指標

f:id:yuyusk:20170415003259j:plain

 

ROE25.0%、PER13.0倍です。
社長が大株主で時価総額66億円。

 

f:id:yuyusk:20170415003449g:plain

 

過熱感も無いですし、地合いも良くないですし、

PTSの反応を見てもそこまで注目されていない気がします。

(私はPTS1,190円で100株買いました。)

 

週明けそこまで高くない位置で寄り付くのであれば、

積極的に買って行ってみたいなという印象です。

【3922】PR TIMESの決算分析をしました。

 

kabutan.jp

 

f:id:yuyusk:20170413225110j:plain

 

4Qも無事に黒字で着地となりました。

今後の成長に向けた投資を積み増すとして業績予想を据え置いていましたが、

無事に通期予想を超えてきました。

 

 

 

 

さて、注目の来期の業績予想です。

 

f:id:yuyusk:20170413225123j:plain

 

 

四季報予想に比べると少ないですが・・・

f:id:yuyusk:20170413225133j:plain
※参考 四季報予想

 

 

 

 

 

f:id:yuyusk:20170413230328j:plain

f:id:yuyusk:20170413230345j:plain

f:id:yuyusk:20170413230403j:plain

f:id:yuyusk:20170413230422j:plain

f:id:yuyusk:20170413230439j:plain

f:id:yuyusk:20170413230456j:plain

f:id:yuyusk:20170413230518j:plain

f:id:yuyusk:20170413230534j:plain

f:id:yuyusk:20170413230734j:plain

f:id:yuyusk:20170413230752j:plain

f:id:yuyusk:20170413230814j:plain

f:id:yuyusk:20170413230837j:plain

f:id:yuyusk:20170413230857j:plain

 

 

 

決算説明資料の全てのグラフがことごとく右肩上がりです。

こんなに安心できる決算説明資料があるでしょうか。

 

 

f:id:yuyusk:20170413232445j:plain

上場時に6.5億円増加した現金がさらに積み増し積み増しされて、

今は11.2億円の現金が積まれています。

 

 

f:id:yuyusk:20170413232717j:plain

負債合計が2.4億円に対して純資産が13.1億円です。

前会計年度に比べて純資産が一気に積み増しされましたので、

今期純利益1.5億に対してROE11.7%

来期の純利益2.3億が達成されるとするとROE18.2%

 

この自己資本比率で来期のROE水準であれば相当魅力的だと思います。

潤沢に積み上がった11.2億円をどう使っていくのか気になりますね。

 

 

 

f:id:yuyusk:20170413234123j:plain

もっぱらの懸念事項は北朝鮮情勢でしょうか。

政情不安によって確かに直近大きく売られてきました。

 

 

f:id:yuyusk:20170413230116j:plain

来期の予想が出たところで、

PER29.2倍といった辺りまで落ち着いてきました。

 

市場に安心感が広がれば十分買って良い水準ですので、

もしも突っ込むシーンがあれば喜んで買えるように準備しておきたいです。

 

 

 

あまりに高すぎる四季報予想までは流石に行かないだろうと思ってましたけど、

これである意味不安材料が出尽くしたといえます。

 

四季報予想より低いと悲観的になってる人がYahoo!掲示板にいますけど、

明日の寄付きはどうなるでしょうね、正直分かりません。