悠々亭 裏日記 2

投資家にとって最大の問題・敵は自分自身である。

【6195】ホープの決算分析をしました。

 

kabutan.jp

 

f:id:yuyusk:20170511220753j:plain

 

1Q、2Q、3Qと3四半期続けての赤字決算となりました。

通期の予想を達成するためには売上高7.2億、経常利益2.7億円が必要になります。

達成できるの?というのがパッと見の第一印象です。

 

 

 

 

f:id:yuyusk:20170511221215j:plain

売上は計画に届いていないものの、

一応利益の方は、赤字ながらも計画を上回っているようです。

 

 

 

 

f:id:yuyusk:20170511221816j:plain

4Q偏重な会社ですので、会社の発表した数字を信じるのであれば、

通期はそこそこのところで着地するのかもしれません。

 

 

 

f:id:yuyusk:20170511233022j:plain

 

"MC"って何ぞや??

 

 

 

 

・・・というのが誰しも感じる疑問だと思います。

その説明がずっと後、22ページ目のスライドでようやく出てきます。

 

f:id:yuyusk:20170511222129j:plain

うーん、"経費削減額等"っていまいち何なのか分かりませんね。

てっきり、業務改善によって1年前より1.6億円の経費を削減したのかと思いきや、

MCサービスにおける制作原価を自治体における経費削減額や付加価値額と仮定。

とあり、単にこれは冊子の制作時にかかった原価(コスト)のことを言っているのか?

その1.6億円という数字を強調することに何の意味があるのか、私には分かりません。

 

 

 

 

 

まぁ、あまりこだわっても仕方ないので気を取り直して次のページに行きます。

f:id:yuyusk:20170511223130j:plain

 

 

 

"DSサービス"って何ぞや??

 

 

 

 

 

 

またしても謎のキーワードが出てきました。

この説明は21ページ目のスライドで出てきます。

f:id:yuyusk:20170511223421j:plain

自治体の遊休スペースを新たな財源に変えるサービスのようです。

 

しかし、右下の財源確保額って何なんですかね?

あー、、、、なるほど自治体の"財源確保額"のことですか。

これまでホープが創業以来、自治体の財源をこれだけ確保してきましたよという。

 

 

 

 

 

 

・・・凄いの?何なの?

時間軸が無いから全然分からないのと、

 

株主向け資料でその数字大事なの??

 

というのが率直な感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yuyusk:20170511224925j:plain

 

株主が知りたいのは、

MCへの注力により4Qへ収益計上が偏るという言い訳じゃなくて、

「どうしてMCへ注力すると4Qへ収益計上が偏るのか」その理由。

4Qで本当に通期予想の計画が達成できるのか、その根拠に説得力はあるのか。

 

・・・ということだと思うんですよね。

その辺りの説明がどこにも書かれていないので、とても不安になります。

 

 

 

 

 

得てしてこういう読者に対して不親切なスライドを作る会社は、

「成長戦略」のスライドで読者をごまかすような適当な絵を載せてきます。

 

f:id:yuyusk:20170511225808j:plain

横軸が何なのか、縦軸が何なのか、いまいちよく分からないスライドです。

 

 

 

f:id:yuyusk:20170511225919j:plain

 

矢印も適当ですし"2022年頃"とぼかして書いているくらいなので、

具体的なビジョン・計画がまだ見えていないのでしょうね。

目先の事で一杯一杯で中長期的な戦略が十分に考えられていないような印象です。

 

 

 

 

 

 

f:id:yuyusk:20170511230354j:plain

現金が2.9億しかありません。しかしながら買掛金が6.1億円あります。

単純計算で、あと3.2億円足りません。

 

商品及び製品が5.3億ありますが、これが売れないと一気に資金繰りが苦しくなる。

4Qで巻き返せるのか、それとも株主からお金を巻き上げる局面がくるのか。

何だかいつ公募増資が来てもおかしくない、そんな印象が拭い去れません。

 

 

 

 

 

こうして見ると、先日保守的すぎると言って売ってしまった

ファンデリーのB/Sが、とても素晴らしく思えてきてしまいますね。

 

yuyusk.hatenablog.com

 

 

私が売ってからどんどん上がってるんですよね・・・(笑)

f:id:yuyusk:20170511231252j:plain

【5903】シンポの決算分析をしました。

kabutan.jp

 

1-3月期(3Q)は減収減益となりました。

f:id:yuyusk:20170505231720j:plain

 

f:id:yuyusk:20170505231812j:plain

売上は四季報予想に届きそうですが、
経常利益の方はどうか・・・といったところです。
1.64億円ですので、達成しそうな気もしますけどね。

 

 

 

 

この銘柄、朝香さんの書籍でさりげなく2位にランクインしている銘柄です。

f:id:yuyusk:20170505231339j:plain

 

 

 

焼肉無煙ロースターの会社です。
知らない方はピンと来ないかもしれませんが、
おそらく見覚えはあると思います。

f:id:yuyusk:20170505232627j:plain 

f:id:yuyusk:20170505232639j:plain

 
焼肉屋さんでよく見掛けるあれ、です。
アジアや米国で焼肉産業が盛り上がってくると、
業績の伸びに変化が見られてくるかもしれません。

 

 

 

 

 

f:id:yuyusk:20170505232516j:plain
流動資産が32億あります。

f:id:yuyusk:20170505232850j:plain
負債が8.8億ですので、安全度は全く問題ありません。
自己資本比率は81.0%と高い。ただその分ROEは12%台にとどまっています。

 

 

 

 

 

f:id:yuyusk:20170505233902j:plain

指標的には割高感はありません。
配当利回り1.62%と出ていますが、四季報予想通りに行けば2.42%になります。

PERが10倍を切って、さらに業績の伸びに変化の兆しが見られたら、
買ってみたいなと思える銘柄ではあります。
ただ、社長が株を持っていないのが個人的には大きなマイナスですね。

 

 

 

 


週足チャートです。
綺麗な上昇トレンドですが・・・。

f:id:yuyusk:20170505233239j:plain

 

何となく補助線を引きたくなってしまいますね。

f:id:yuyusk:20170505233252j:plain

【3137】ファンデリーの決算分析をしました。

f:id:yuyusk:20170430152557p:plain

kabutan.jp

 

f:id:yuyusk:20170430142816j:plain


四季報予想

f:id:yuyusk:20170430142829j:plain


先期の業績は、会社予想、四季報予想を上回る利益。
ただし、売上は思いのほか伸びませんでした。

 

 

 

f:id:yuyusk:20170430143936j:plain

 

売上の大半はMFD事業なのですが、
営業利益率は圧倒的にマーケティング事業の方が高いのですね。

売上の75%が利益になるというのは驚異的だと思います。

 

 

 

■来期の予想

f:id:yuyusk:20170430142657j:plain

 

四季報予想

f:id:yuyusk:20170430142647j:plain

四季報予想よりも売上も経常利益も少ないです。
まぁ、保守的な予想ですといえばそうなのかもしれません。

 

 

 

■財務的な観点から・・・

 

f:id:yuyusk:20170430145112j:plain

 

f:id:yuyusk:20170430145712j:plain
現金が17億円まで積みあがっています。

 

 

f:id:yuyusk:20170430145748j:plain

負債は3.8億ですので、資金繰りには全く困っていないはずです。

 

f:id:yuyusk:20170430145839j:plain

配当を出さずに全額内部留保としているために、
利益余剰金は13.6億円にまで積み上がっています。

 

確かに財務面で安全なのは素晴らしいのですが、
流石に内部留保を貯め込みすぎのような気がします。
少しくらい株主に還元したら?と思ってしまいます。


来期の業績が飛躍的に伸びるとか具体的な投資戦略が見えているなら
まだ納得できますが、配当も出さずここまで保守的な姿勢だと、
ちょっと投資対象としてどうなのかな・・・良い会社なんですけどね。