悠々亭 裏日記 2

投資家にとって最大の問題・敵は自分自身である。

10月振り返り

ベクトルが悶絶乱高下をしてますが、それ相応の理由があるのでしょう。

チャイナショック時にポジションサイズは減らしましたが、

いやーな値動きがまだ続くようならば考え物かもしれません。

 

------------------------------------------------------------------

 

通常、この時期から3月にかけて上げる事が多いのである程度ポジションは持ちたい。

とはいえリスク要因も多く、何を買ったらよいのかよく分かんない。

 

そんな状況であれば、確実に需要が見込める優待銘柄を広く浅く仕込むのが得策。

12月~3月の優待需給取りに照準を合わせた方が良いだろうという判断で、

優待銘柄をモリモリ買ったおかげで、だいぶキャッシュが減ってきました。

 

11月もこの作戦に変更はありません。

12月のボーナス以降、みんなが買いたくなる様な銘柄を積極的に探します。