読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠々亭 裏日記 2

投資家にとって最大の問題・敵は自分自身である。

これまでのおはなし

入社して貯金がそこそこ貯まってきたので

資産運用を考えるようになったのが2010年頃。

東日本大震災のあった2011年の年末に証券口座を開きました。

 

初めて買った銘柄は東北電力で、確か2000円くらい儲かったと思います(笑)

 

本格的に投資を始めた2012年に、林則之さんの書籍に出会います。

ジェイアイエヌの一本投資で資金を2.5倍まで増やしました。

 

その後アベノミクスが到来しましたが、対応できる知識もなく翻弄されます。

2013年頭にベクトルという銘柄に出会い、一本投資で資金を4倍まで増やしました。

 

2014年にKADOKAWAやイーグランドの一本投資が上手くいかず、

試行錯誤の末、確率でコントロールする投資法を導入しました。

・暴落後にいち早く上げていく銘柄は最強戦略

・優待需給取り戦略

 

買いたい銘柄やタイミングがなかなか見つからない時に、

需給的な根拠からエントリーできる戦略はなかなか上手く機能しました。

 

分散投資ですから1銘柄の上限はせいぜい100〜200万円。

うまくいけば30〜40万円の利益です。

 

そんな需給取り作戦に没頭する最中、

ダブルスコープという銘柄に出会います。

中期経営計画でかなり野心的な数字を出していましたが、

業績と株価の連動性よりも、需給面に信頼を置き始めていた時です。

少しは儲かったのですが、大相場の割にあまりにお粗末すぎる利益でした。

 

2015年末からアメリカの利上げが始まり、投資資金を3割減らしてIPO口座へ。

世紀の大暴落が来ても虎の子資金があるという状態は安心です。

 

一方で朝香友博さんの書籍やブログ内容に影響を受けて、

原油やプラチナ、モバクリ、Gunosyアルファポリスの底値買いを狙いました。

アルファポリスで大火傷。成長株がボロ株に変わる瞬間を見て愕然としました。

 

 

2016年、ベステラという銘柄に出会いました。

出来高矮小局面でそこそこ仕込みましたが・・・。

 

どうなるでしょうか。生き残りたい。

 

 

f:id:yuyusk:20161030020200j:plain