読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠々亭 裏日記 2

投資家にとって最大の問題・敵は自分自身である。

パンローリング社主催 投資戦略フェア2017に行ってきました

f:id:yuyusk:20170312011349j:plain

 

個人的な考えですが、投資戦略フェアに行く目的は2つあると考えています。

 

①本気で株式投資に取り組んでいる人達を見て自分自身を奮い立たせること

②今後の戦略についてのヒントを見つけ出すこと

 

 -----------------------

 

 

 

 

①本気で株式投資に取り組んでいる人達を見て自分自身を奮い立たせること

 

3月というのは新年から気持ちを新たに投資に取り組み始めたものの、

少し気持ちが緩んでくる時期なので自分に喝を入れる丁度良い機会だったりします。

 

IRフェアに来ているおじさん達とは目つきが明らかに違っていて、

投資に対して積極的にアクションしている人が多いのがこのフェアの特徴です。

これだけの人が本気で投資に取り組んでいるのだというのがイメージできると、

自分自身の立ち位置だとかこれまでの姿勢を顧みるきっかけとなります。

 

f:id:yuyusk:20170313231130j:plain

「運用資産額はどのくらいですか。」の質問の中央値が 5000万円 です。

1億円とか5億円とかの金融資産を持っている人がこの会場に相当数いる!

そう意識するだけでも何だか興奮しますよね(笑)

 

 

 

 

 

②講演の中で何かしら今後の戦略についてのヒントを見つけ出すこと

 

今年はDUKE。さんの講演とむらやん/テスタ/ヤーマンさんの講演が良かったです。

 

DUKE。さんの講演は、3連続ストップ高の後にオウチーノを買いに行った事例が

凄く参考になって、何でこんな高い位置で買いに行けるのかというメンタリティ、

大きめのポジションを抱えた後に高い位置で含み損になった時の心理的葛藤。

DUKE。さんみたいな人でも自分と同じ人間で、辛い思いをしたり葛藤しながら

ポジションを抱えているんだなということが分かって、凄く勇気が出ました。

 

毎年最後のコマは桐谷さんのトークショーを聞きに行ってしまっているので、

今年こそは!と思ってむらやん/テスタ/ヤーマンさんの講演を選択しました。

やっぱり実際に相場に取り組んでいる人達の話は、実体験を元にした

メンタルの部分に踏み込んだ話が聞けるので非常に共感できるし面白いです。

 

 

 

相場師朗さん、斉藤さんの内容は、おそらくそのまま使う事はないですが、

今のロングポジションに対するリスクヘッジのヒントになりそうな気がしました。

毎年、100%そのまま使えるという手法は無いのですが、

何かしらのヒントは必ず得られるのですよね。

 

「自分の投資手法は確立してるから他の人の手法なんて参考にならない」

 

・・・なんていうことはまったく無くて、

相場に向き合って5年ですがまだまだ発見はたくさんあります。

何より「人間は忘れる生き物」なので、こういう機会は

自分のスタンスを再確認する良いチャンスだったりするのです。

 

 

 

 

 

 

今年は本当に人が多かったように思います。

ここまでの混雑っぷりを見るともっと大きな箱でやれよ!と思ってしまうのですが、

ろんてさんの仰る通り、今がもしかしたらピークなのかもしれないですね(笑)

しっかり噛みしめておきたいと思います。