悠々亭 裏日記 2

投資家にとって最大の問題・敵は自分自身である。

1億円を稼ぐために絶対に必要な1つのこと

やっぱり1億円って憧れますよね。

f:id:yuyusk:20170601215206j:plain

 

 

 

これまで、色んな雑誌や書籍やブログを読んできました。

その中で気付いた、1億円を稼ぐために一番重要なことを紹介したいと思います。

 

 

おそらく投資で財を成すために一番重要な考えだと思っています。

 

 

私自身これを意識する事でパフォーマンスがかなり伸びたと感じていますし、

実際に株で1億円を稼いだあるブロガーの方が最も重要と仰ってるくらいなので、

たぶん間違いはないと考えています。

 

 

 

ちなみに、このブログにアクセスしている方はお金に働いてもらう事の
優位性については既に気付いていると思いますので、

 

"お金に働いてもらう事を意識しよう"
"複利の力を最大限に生かそう"

などといった基本的なことを言うつもりはありません。

問題はどのようにお金に働いてもらうかなので。

 

 

 

前置きが長くなりましたね、すみません。

 

 

 

 

 -------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

"いつも意味のある勝負に出る"

 

 

 

いつも意味のある勝負に出ること(株式投資本オールタイムベスト2位、マネーの公理2)。 | みきまるの優待バリュー株日誌 - 楽天ブログ

 

 

 

 

みきまるさんのブログでも紹介されていますが、
この言葉の意味って本当に重いですよ。

 

 


株で人並み以上に儲けることができている人、億トレとして雑誌に出ている人って、

多かれ少なかれここぞというところでリスクをとって勝負に出てるんですよね。




 

"意味のある勝負"="優位性のある戦略"ということです。

 

その優位性はほんのわずかでもいい。

そういう勝負に張れる、失敗を恐れず何度でも張れる。

たとえ分析力がいかに優れていても、行動できる人にはかないません

頭で考えたことを行動で示す、勝負に出ることが重要なのです。

 

 

逆に言えば負ける可能性が高かったり、思慮や戦略性のない勝負だったり、

勝てても大してリターンの大きくない勝負を極力減らすことも重要です。

"時間"(=管理工数)の増大 ⇒ 決断疲れを引き起こすことになり、

自分自身のリソースを無駄にすることになります。

 

資金もそうですが、何より自分というリソースは有限なのですから。

それを最大限に生かせる方法を考えないといけません。

 

 

 

 

 

 

色んな人の成功話を見てきました。そんな中で感じたのは、

"どんな銘柄でも儲けることはできるんだな"

ということです。

 

 

10倍株を当てて資産を大きくした人、それはそれで凄いのですが、

案外、1.5倍株とか2倍株に大きく張って資産を増やした人も多いんですよね。

 

 

別にその株が2倍になるか10倍になるかは大した問題ではなくて、

大事なのは "自分がその銘柄で大きく儲けることができること"

 

 


1単元しか買えずしかも途中で売った10倍株なんかよりも、
100単元買って最後まで持っていた2倍株の方が絶対に価値は大きいのです。



 

パレートの法則というのがあります。

8割の利益を2割の銘柄で上げている。

 

 

1単元だけ買ってましたとか、

1週間だけ持ってましたとか、

・・・ほんと意味が無いんですよね。

 

こういうのはもうやめましょう。

 

 

 

 

"いつも意味のある勝負に出る"

 

 

 

 

 

 

あなたが今持っているそのポジションは意味のあるポジションですか?

 

 

 

判断に迷ったら自分が今持っている銘柄を書き出してみます。

何故その銘柄を持っているのかを理由を書いていきます。

 

買った理由、前提条件は何でしょうか?

その理由や前提条件に変化はないでしょうか?

戦略があるのかどうか、どういった条件が発生したら撤退なのか。

 

保有銘柄一覧を見て、意味の無いポジションは無いでしょうか?

何となく惰性で持っているポジション、理由や前提条件の希薄なポジション。

売り時、撤退ライン、目標金額の決まっていないポジション。

決まっていないなら決める、えいやでいいから決める。

 

まずは管理状態におくことが重要です、決められない銘柄は撤退します。

 

意味のない勝負に意味付けをします。

その目標金額に達した時に得られる金額は十分なものですか?

十分ではないと判断したなら、撤退して他の案件を探すか買い増しを検討します。

 

 

「打診買い」「監視対象にいれておくため」を買い理由にした銘柄は

「意味のある勝負」か「撤退」にいずれ昇華させなければいけません。

そしてそれには期限もしくは金額を決めなければいけません、

その条件に達した時にまた考えるきっかけを与えるために。

 

 

 

 

 

自分のポジションに意味付けをします。

その作業が終わると、自分のポートフォリオは、

 

 

"意味のある勝負で固められた"

 

 

とても意志の固いポートフォリオになっていると思います。

ちょっとやそっとじゃ崩れません。

 

 

 

 

 

頑張りましょう。

 

自戒も込めて。